今日の給食は.....

 

 今日も美味しく給食をいただくことができました。

 

 先月、学校給食運営委員会の仕事で給食センターを訪れました。

 

 そして、昨日も給食物資の件で給食センターを訪れました。町内の学校給食で提供される食材をどうしましょう、という会でした。恥ずかしながら、そこで初めて、給食の食材の選定の仕組みがわかりました。

 

 給食センター長、教育委員会の方、物資購入の委員と栄養教諭、そして調理員の代表の方で、業者のサンプルで検討します。購入委員は、学校代表3名と保護者代表3名方です。

 安心安全なもの、価格の適正なもの、調理のしやすさ、見た目、味など、さまざまな視点で検討します。

 

 

 

 そんなこともあったので今日は、給食の準備時間に教室をのぞきたくなったので、カメラを持ってお邪魔しました。

 

 

 

 丁寧に配膳準備をしてくれていました。さすがに高学年は自分たちだけで準備もできます。

 

 

 献立を考える段階から、使う食材の選定、調理をする、配送する、配膳する というつながり。そして、食材を提供(供給)してくださる方の苦労などなど、ふかーく考えると、食べる前には自然に「いただきます」の言葉が出るし、食べ終われば「ごちそうさま」が出てきます。多くの人の心がこもった給食を残さず食べることの大切さも感じました。

 もちろん給食費はご家庭から預かった大事なお金です。決して無駄にすることはできません。

 

 

 2学期の給食も木曜日で終わります。

 しっかり残さず食べたいですね。

 3学期になり1月の終わりには、給食週間も計画されており、各地のおいしい食材が提供されると聞いております。その時にもまた、給食について考えられればと思います。

 

 

 

更新日:2017年12月19日 13:25:11