子どもを台所に立たせよう

子どもを台所に立たせよう

 

 これは昨日開催された猪名川町学校歯科保健連絡協議会に出席して拝聴した講演のタイトルです。

 

 お話をしてくださったのは、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、子どもが作る"弁当の日"提唱者の竹下和男先生です。

 おおよそ2時間近くの講演でしたが、まったく時間を感じることもなく聴き入ってしまい、涙があふれることもしばしば。

 

 私には中身をまとめてお伝えすることができませんが、人間ってやっぱりすごいなぁ、と思いました。

 そして、この言葉の意味を改めて考えさせていただくことができました。

 

 「人は置かれた環境に適応する」

 「人は環境を変える脳をもっている」

 

 

 この「人と関わる」仕事、教育に携わらせてもらっていることに感謝したくなる話でした。そして責任を感じる話でした。

 

 また機会があればお伝えしていきます。

 

 

更新日:2018年02月09日 10:04:07