夏が来れば思い出す~☆彡

 

 毎年この時期になると言っている気もしますが、今年もペルセウス座流星群の季節がやって来ました。 おおよそ一年のうちで大きな流星群は三回あるのですが(三大流星群)、そのうちの一つが、この夏のペルセウス座流星群です。あとの二つは、しぶんぎ座流星群ふたご座流星群です。

 

 

  この写真はペルセウス座流星群ではありません。

 

 

 今年の極大日(最も多く流れるだろうと予想される日)は、8月13日(月)の10時頃だそうです。昼間やん!!

 ですが、極大の日の前後でも十分に観測することができます(もちろん、今夜でも流星は見ることができます)。その予想の一つはこんな感じです。

 

 

 上の表の赤く色がついた時間帯、13日の3時頃(夜明け前!!)には、観測条件のいいところでは1時間に40数個、郊外では10数個、市街地では5個程度観測できると予想されています。

 

 1時間に40数個ということは、1~2分に1個!!

 すごい数ですよね!! 

 

 

 肝心のペルセウス座が「どんな星座で、どこに見えるのか?」なんて難しいことは、興味があれば調べてください。とりあえず、夜とか明け方に北東の空を見上げてみてください。基本的に北の方角を見ていれば、発見できると思います。11日とか12日の土日の夜は狙い目かも。天気次第ですけど。

 

 

 あとは、風邪をひかないように、蚊に刺されないように、クマやシカに出会わないように注意して、しばらく見続ければ必ず発見できます。

 

 

 そして、大野山のてっぺんまで行けば、確実でしょう(^^)/

 訪れている天文ファンの方がいらっしゃると思うので、邪魔にならないよう、お話を聞きながら星空観測もいいかも知れません。夏休みの自由研究や思い出づくりに、以外に近くで簡単にできるかもです。

 

 

 

 参考までに、猪名川天文台のホームページはこちらです

     http://www.astropia.jp/

 

 

更新日:2018年08月08日 11:02:38