世界津波の日

 11月5日は「世界津波の日」です。ご存知でしたか?

 

 

 安政元年(1854年)といいますから、江戸時代の終わり頃のことですが、現在の和歌山県有田郡広川町で11月5日にの出来事を基に物語ができています。

 

 

 

 

 

 地震の時に津波が来ることを事前に予感し、自分の田んぼの稲むら(稲刈り後の稲の束)に火をつけて、村人の注意を引きつけ、津波の被害から救った、ということを基にした防災に関する話です。

 

 

 これにちなんで、今日は「世界津波の日」とされています。

 

 ということを紹介しようとしたのですが、今日午前8時過ぎにその広川町を震源地とする震度4の地震が起きたようです。

 一瞬訓練通知なのか、本当の通知なのか私も混乱してしまいました(>_<)

 

 

 大島にいれば津波が来ることはまずないですが、実際に地震が起こる時、津波が来る時、どこに自分がいるか分かりません。海水浴にいっている時かも知れません。旅行中かも知れません。

 日頃から、自分の命は自分で守る、防災意識を高めておきたいものです。

 

 

 機会があれば、また図書館で借りて読んでみてください。

 

 

 

 

更新日:2018年11月05日 11:57:23