井の中の蛙が大海を知る時

 

 

 18日にイナホール(文化体育館)で行われた第9回いなぼう杯チャレンジD-1グランプリに、大島小学校から初めて単独チームで出場しました!!

 

 

 これまでには、楊津小学校のチームに個人で混ぜてもらって出場したことはあったらしいですが、単独編成はこれが初めて。3年生と4年生の中学年チームでエントリー「大島っ子」

 

 

 開会式では、いきなりのエール交換もあるし、キャプテンも聞いてないよ!!状態でしたが、なんとか真ん中に並んで開会式を終えていました。

 

 

 

 

 予選リーグでは2試合。最後までは観戦できませんでしたが、1セットとった、と報告を受けました!!

 

 

 

 

 

 出場すると決めてから練習を始めて一ヶ月そこそこ.....日常の遊びの中でも、ドッジボールはあまり経験の無いボールゲームでしたから、どうなることかと思いました。2階のギャラリーから、他チームの試合の様子を必死で見ていました。

 

 実は、子どもたちよりも大人の方が熱くなっていた、という噂もあります。必死で応援しました。お父ちゃんもお母ちゃんもおじいちゃんもおばあちゃんも応援に駆けつけてくださってました。

 

 

 

 

 

 今回、とてもいい刺激を受けたと思います。

 

 学校の中、地域の中だけでなく、どこへ行っても自分らしく堂々と振る舞うこと、自分の事は自分ですること、やるべきことはやる、など、さまざまなことを学べるチャンスでした。

 

 

 これをきかっけに、青い大島Tを着た蛙たちが、どう成長するか楽しみです。

 

 

 チーム作りから出場の段取り、夜の練習、送り迎えなど、サポートしていただいた保護者の方々に感謝いたします。ありがとうございました。次は全員で取り組めるよう頑張りたいと思います。

 

更新日:2018年11月19日 10:14:40