七七八~、七七八~

 

 地球音楽庵 大原啓司先生を講師にお招きし、

 音楽の出前授業「箏を奏でよう」を実施しました。

 大島小学校で実施するのは3年ぶりになるので、私も初めての体験でした。

 

 

 

 はじめに、「琴」ではなく「箏」の理由や、楽器の部位の名称など教わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、爪は親指のみ装着しました。箏に対する体の構え方や、演奏方法も教えていただき、楽譜を見ながら演奏します。

 楽譜も、ドレミではなく「七七八~、七七八~」というように漢数字です。

 

 

 

 

 

 

 人数が少ないので、ラッキーなことに、一人一面の箏を使わせていただきました。

 

 

 

 5年生は3校時4校時、4・6年生は5校時・6校時をフルに活用して、「さくらさくら」を一曲仕上げ、最後に全員で演奏しました。

 

 

 それぞれ短時間でしたが、子どもたちは集中して取り組み、最後にみんなで合わせた演奏が素晴らしく、演奏後の余韻の中に桜吹雪が見えました!!

 

 

 

 

 本物の箏を使わせていただき、日本の伝統的な和楽器を演奏できたのは、とても貴重な体験だと思います。

 大原先生、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 見学にお越しいただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

 午後の部は、別の用事があって見に行けていないので、写真がありません。

 ごめんなさい。

 

 

 

 なお、今日の様子は、大島小学校区まちづくり協議会のホームページで、近日中に動画で紹介される予定です。

 乞うご期待!!

 

 

 

更新日:2019年02月19日 17:54:30