陶芸教室(4年生)

 19日のオープンスクールの日、4年生は午後、篠山市今田町にある「兵庫陶芸美術館」の出前陶芸教室を体験しました。

 

 

 はじめに陶芸美術館の山田貴一専門員から、丹波焼きのことについてお話を聞かせていただき、ビデオも見て焼き物がどうやって作られていくのかを教えていただきました。

 

 そして....

 

  

 

  その後、講師先生に目の前で陶土を練る作業を見せてもらい、ろくろを使った作品作りも実演していただきました。

 

 今回教えていただいたのは丹波立杭焼の伝統工芸士である大上巧さん(大熊窯)です。実は、子どもたちが使っている社会科の教科書にも載っておられるすごい方なんです!!

  

 見ていると、ろくろの上で回転している土が、まるで生き物のようにググッーと伸び上がり広がり、お椀や徳利に形を変えていくんです!! 「うわぁっー!!」「へぇ~!!」「すっごっ!!!」っていう言葉が何度も飛び出しました。

 

 

 

 

 4年生も見てるだけでなく、実際に体験させてもらいました。が、なかなか思い通りにはいかない。

 

 

 

 

  

 

 その後は、子どもも大人も土と闘いました.....

  

 焼き上がりが楽しみですね

 

 

更新日:2017年01月20日 12:37:15