昔の道具 3年生 

 

 今朝もよく冷え込みました。

 路地の草花にも霜がおりて、辺り一面真っ白でした。

  

 

 

 そんな寒い朝......

 3年生が中庭で何やら騒がしい・・・・・・

 

 

 

 冷たい水で手指を真っ赤にしながら、一生懸命洗濯していました。

 使っている道具は、なんとなんと洗濯板!! 冷たいなんて言っていられない。

  

 

 3年生の社会の学習で「昔の道具と人々のくらし」について学びますが、まさにその昔の道具の一つがこの洗濯板。

  

 

 えっ? 昔の道具?

  

 

 私が子どもの頃には、普通に家にありましたけど。。。。。。(うちのお店で売ってました、たしか 笑 )

 

 

 

 

 そして、もう一つのコーナーでは。。。。。

 

 

  

 

 いい匂いが漂ってます。

 

 

 そうです、カツオ節削り器です(正しい名前は何だろう?)。大工さんが使うカンナを逆さにして引き出しの箱をつけたような形です。

 かちかちに乾燥させた鰹を、この箱についた刃の上でシャカシャカ削ります。

 

   

 

 えっ? これも昔の道具?

 私が子どもの頃は普通にありましたけど。

 

  

 

 しかし、40年50年前の道具だから、昔の道具に違いないですね。

  

 

 もう10年もすれば、今使っているパソコンや携帯電話だって、昔の道具になるかも知れませんものね。 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 給食の時間にかわいい3年生が校長室に削り節をもってきてくれました

 

 

 めっちゃ美味しかった!!

 

 

 

  

更新日:2017年02月01日 12:43:20