地域の方から お電話をいただきました


 今朝、登校中のある子ども達の行動に対しお電話を頂戴しました。
 


「通勤中の自動車に対し、中指を立て挑発行為をする高学年の児童がいる。」
「場合によっては、とんでもない結果を招くことになる。」
「きちんと指導をお願いします。」

というお声をいただきました。

 
 先日の学校関係者評価委員会でも、登下校中のあいさつについてご指摘をいただいたところですが、指導が足りない点を改めて反省いたします。

 朝の会で直ちに高学年に指導しました。

 
 おそらくふざけてやったことだと思われますが、どのような行為であれ、自分のした行為がどのような結果を招くか、想像する力がなかったのでしょう。
 
 
 今後、生徒指導について、「こうしたら、こうなる」「していいこと」「してはいけないこと」をキチンと理解させたうえで、自分の行動を振り返ることができるような、具体的な方法を考えたいと思います。
 
 
 そして生徒指導に限らず、どのようなことも、具体的な指導方法についても考慮しなければならないと思います。
 
 
 貴重なお声をお聞かせいただきありがとうございました。
 
 

更新日:2017年03月16日 08:44:27