救急救命講習

 

 大島小学校教職員は、毎年普通救急救命講習を受講しています。町内の学校でも、同じように受講しています。学校の管理下において重篤な事態が生じた際、誰でも救命処置ができるよう、心肺蘇生とAEDについて、消防署員から教わります。

 

 

 

 今日は、救急アドバイザーの方も1名サポートで加わっていただき、みっちりと講義アンド実技をしました。

 

 

 事故が起きないように、日頃からの指導や安全管理、危機管理をするのが前提ですが、もしもの時に備えて全員が実技をまじえながら指導を受けます。

   

 

 先日も児童のそばで長机が倒れるということがありました。

 幸い身体には触れてなかったのでケガはありませんでしたが、危険なモノが児童の身の回りにないか?危ない場所はないか? など、安全管理や危機管理にも配慮する必要があります。

 

 もうすぐプールでの水泳もあります。事故のないよう、引き締めていきたいと思います。

 

 

更新日:2017年05月10日 18:03:25